お問い合わせ

疾病

人工肛門・新膀胱

 人工肛門・新膀胱とは、手術によって腹部に新しく作られた便や尿の排泄の出口のことをいいます。人工肛門・新膀胱といっても何か特別な機械や装置を取り付けるのではなく、自分の腸や尿管を直接おなかの外側に出し、便や尿の排泄を管理します。(原因となる疾病は様々です。例:大腸がん、膀胱がんなど)

 障害年金の認定において、人工肛門や新膀胱を造設したものなどについては、原則として以下のように取り扱われます。

 

ア 人工肛門または新膀胱を造設したものもしくは尿路変更術を施したものは、3級と認定する。

  なお、次のものは、2級と認定する。

 (ア) 人工肛門を造設し、かつ、新膀胱を造設したものまたは尿路変更術を施したもの

 (イ) 人工肛門を造設し、かつ、完全排尿障害(カテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要とする)状態にあるもの

     なお、全身状態、術後の経過及び予後、原疾患の性質、進行状況等により総合的に判断し、さらに上位等級に認定する。

イ 障害の程度を認定する時期は、次により取り扱う。

  人工肛門を造設しまたは尿路変更術を施した場合はそれらを行った日から起算して6月を経過した日(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く。)とし、

 新膀胱を造設した場合はその日(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く。)とする。

  なお、ア(ア)及び(イ)の場合に障害の程度を認定する時期は、次により取り扱う。

 (ア) 人工肛門を造設し、かつ、新膀胱を造設した場合は、人工肛門を造設した日から起算して6月を経過した日または新膀胱を造設した日のいずれか遅い日

    (初診日から起算して1年6月を超える場合を除く。)とする。

 (イ) 人工肛門を造設し、かつ、尿路変更術を施した場合は、それらを行った日のいずれか遅い日から起算して6月を経過した日(初診日から起算して1年6月

    を超える場合を除く。)とする。

 (ウ) 人工肛門を造設し、かつ、完全排尿障害状態にある場合は、人工肛門を造設した日または完全排尿障害状態に至った日のいずれか遅い日から起算して6

    月を経過した日(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く。)とする。

その他の部位の疾患一覧