お問い合わせ

疾病

  • HOME >
  • 疾病 >
  • 脳血管障害・脳血管障害による後遺症

脳血管障害・脳血管障害による後遺症

 肢体の障害による障害の程度は、「1.上肢の障害」「2.下肢の障害」「3.体幹・脊柱の機能の障害」および「4.肢体の機能の障害」に区分されます。脳血管障害など、肢体の障害が上肢および下肢などの広範囲にわたる障害の場合には、「4.肢体の機能の障害」として認定されます。

 

 肢体の機能の障害の程度は、関節可動域、筋力、巧緻性、速さ、耐久性を考慮し、日常生活における動作の状態から身体機能を総合的に認定する、とされています。なお、他動可動域による評価が適切ではないもの(例:末梢神経損傷を原因として関節を稼働させる筋が弛緩性の麻痺となっているもの)については、筋力、巧緻性、速さ、耐久性を考慮し、日常生活における動作の状態から身体機能を総合的に認定します。

 

 

 各等級に相当すると認められるものを一部例示すると、次のとおりです。

【1級】

 ・一上肢および一下肢の用を全く廃したもの

 ・四肢の機能に相当程度の障害を残すもの

【2級】

 ・一上肢および一下肢の機能に相当程度の障害を残すもの

 ・四肢に機能障害を残すもの

【3級】

 ・一上肢及び一下肢に機能障害を残すもの

 

 ※肢体の機能の障害が両上肢、一上肢、両下肢、一下肢、体幹および脊柱の範囲内に限られている場合には、それぞれの認定基準と認定要領によって認定する。なお、肢体の機能の障害が上肢および下肢の広範囲にわたる場合であって、上肢と下肢の障害の状態が相違する場合には、障害の重い肢で障害の程度を判断し、認定する。

 

 

 なお、身体機能の障害の程度と日常生活における動作の障害との関係を参考として示すと、次のとおりです。

(ア)「用を全く廃したもの」とは、日常生活における動作のすべてが「一人で全くできない場合」、またはこれに近い状態をいう。

(イ)「機能に相当程度の障害を残すもの」とは、日常生活における動作の多くが「一人で全くできない場合」、または日常生活における動作のほとんどが「一人でできるが非常に不自由な場合」をいう。

(ウ)「機能障害を残すもの」とは、日常生活における動作の一部が「一人で全くできない」、またはほとんどが「一人でできてもやや不自由な場合」をいう。

肢体の疾患一覧