お問い合わせ

疾病

上下顎欠損

上下顎欠損は、交通事故などにより外傷を負い、歯茎や顎の一部を欠損した状態のことを言います。食事に支障が出ることが多く、発声においても障害が残る場合があります(音声または言語機能の障害)。

 

<そしゃく・嚥下機能の障害の認定基準>

【2級】

・そしゃくの機能を欠くもの

【3級】

・そしゃくの機能に相当程度の障害を残すもの

【障害手当金】

・そしゃくの機能に障害を残すもの

 

 

そしゃく・嚥下機能の障害の程度は、摂取できる食物の内容、摂取方法によって次のように区分されますが、関与する器官、臓器の形態・機能、栄養状態等も十分考慮して総合的に認定されます。

 

(ア)「そしゃく・嚥下の機能を欠くもの」とは、流動食以外は摂取できないもの、経口的に食物を摂取することができないもの、及び、経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの(食餌が口からこぼれ出るため常に手、器物等でそれを防がなければならないもの、または、一日の大半を食事に費やさなければならない程度のもの)をいう。

(イ)「そしゃく・嚥下の機能に相当程度の障害を残すもの」とは、経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養の併用が必要なもの、または、全粥または軟菜以外は摂取できない程度のものをいう。

(ウ)「そしゃく・嚥下の機能に障害を残すもの」とは、ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のものをいう。

 

また、歯の障害による場合は、補綴等の治療を行った結果により認定が行われます。

そしゃく・嚥下機能の疾患一覧