お問い合わせ

疾病

心筋梗塞

 心疾患による障害の程度は、呼吸困難、心悸亢進、尿量減少、夜間多尿、チアノーゼ、浮腫等の臨床症状、X線、心電図等の検査成績、一般状態、治療および病状の経過等により総合的に認定されます。なお、認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状の状態に応じて、次のように障害の等級が決まります。

 

<心疾患の障害の認定基準>

【1級】

・身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

 

【2級】

・身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

 

【3級】

・身体の機能に、労働が制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの

 

 

<心疾患の障害の一般状態区分表>

認定時に判定の一つとされる「一般状態」の区分は、以下のようになります。

【ア】無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの

【イ】軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行・軽労働や座業はできるもの(例:軽い家事・事務など)

【ウ】歩行や身の回りのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%は起居しているもの

【エ】身の回りのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの

【オ】身の回りのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

 

 

なお、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)の障害の程度について一部例示すると、次のようになります。

 

【1級】

・病状(障害)が重篤で安静時においても、常時心不全あるいは狭心症状を有し、かつ一般状態区分表【オ】に該当するもの

 

【2級】

・異常検査所見が2つ以上、かつ軽労作で心不全あるいは狭心症などの症状をあらわし、かつ、一般状態区分表【ウ】または【エ】に該当するもの

 

【3級】

・異常所見が1つ以上、かつ、心不全あるいは狭心症などの症状が1つ以上あるもので、かつ、一般状態区分表【イ】または【ウ】に該当するもの

 

心疾患の疾患一覧