お問い合わせ

疾病

喉頭全摘出

喉頭周辺のがんなどにより、喉頭を全部摘出すると、それまでできていた音声によるコミュニケーションができなくなります。障害年金の認定においては、「音声又は言語機能の障害」に分類され、次のように取り扱われます。

 

 

・手術を施した結果、発音に関わる機能を喪失したものについては、2級と認定する。

 

・障害の程度を認定する時期は、喉頭全摘出手術を施した日とする(初診日から起算して1年6月を超える場合を除く)。

言語機能の疾患一覧