お問い合わせ

コラム

  • HOME >
  • コラム >
  • 令和4年1月1日から「眼の障害」の認定基準が改正されます!

令和4年1月1日から「眼の障害」の認定基準が改正されます!

 障害年金の請求には認定基準となる傷病があり、令和4年1月1日より「眼の障害」についての認定基準が一部改正されます。今回は改正の内容をご説明いたします。

 

【改正のポイント】

 ①視力障害の認定基準の改正

 ②視野障害の認定基準の改正

 

【視力障害】

 現在の視力障害は、それぞれの眼の視力を測って「左右両方の視力を足したもの」を基準とします。改正後は、左右の眼のうち「視力の数値が良い方の眼」を基準とします。

 改正前…左右の視力を足したもの(右眼0.02と左眼0.03だった場合は、両眼を足して0.05)で判断します。

     ※片眼の視力より両眼の視力を足した場合の方が数値が大きくなり、実際の障害状態より軽い数値となります。それにより障害等級が経度になることがあります。

 改正後…左右両方の眼のうち、視力の良い方の眼(右眼0.02・左眼0.03の場合は左眼)で判断します。

     ※以前よりも実態に合わせた視力で判断されます。

 

【視野障害】

 自動視野計に基づく基準を新しく追加します。改正されると、現在広く普及されている方法で測定した内容で判定されます。

 改正前…ゴールドマン視野計に基づく障害基準が用いられています。自動視野計などを用いた場合は、ゴールドマン視野計の指標に相当する内容として判定されます。

     ※視野角度のみで判断されています。

 改正後…ゴールドマン視野計に加えて、新たに自動視野計により「エスターマンテスト」と「10-2プログラム」で測定した内容で判定されます。

     ※複数の基準を用いて判断するため、今までよりも詳細な基準で判断されるようになります。

 

 今回の障害基準の改正により、現在認定されている障害年金等級よりも重度の等級と判断され、障害年金の金額が増額となる可能性があります。(詳細に判定できるようになりましたが、現在の障害等級よりも経度と判定されることがないように具体的に基準設定されています。)

 「眼の障害」で年金を受け取っている方は、基準の改定後に障害年金の「額改定請求」を検討してみてはいかがでしょうか。また、以前の認定等級では障害年金に該当しなかった方も、再度障害年金の請求をされてはいかがでしょうか。