お問い合わせ

コラム

2つ以上の年金の受給

 障害年金を受け取っている方が他の年金(老齢年金や遺族年金)を受け取ることができるようになった場合は、すべての年金を受け取ることができるのでしょうか?今回は、2つ以上の年金の受け取り方についてご説明いたします!

 

【どんな年金でも一緒に受けることができる?】

 基本的には1人1年金ですので、2つ以上の年金を受け取る権利が発生したとしても、いずれか1つを選んで受取ることになります。

①支給事由が同じ年金を受け取る。

※老齢給付(老齢厚生年金と老齢基礎年金)・障害給付(障害厚生年金と障害基礎年金)・遺族給付(遺族厚生年金と遺族基礎年金)

②2つ以上を受ける権利ができたときは、受け取る年金を1つ選ぶ。

③支給事由の異なるものは両方受け取ることができない。

※上記①から③は、原則的な考え方です。

 

【年金の選び方】

①今まで障害厚生年金を受けていた方が、遺族厚生年金を受け取れるようになった場合は、対象者の年齢により受け取り方変わります。

  • ★65歳未満

 どちらか一方の年金を選んで受取ります。

 ・障害厚生年金 OR 遺族厚生年金

  • ★65歳以上

 特例的に支給事由の異なる2つ以上の年金を受けられる場合があります。

 ・障害基礎年金 + 遺族厚生年金

 ※障害厚生年金は遺族基礎年金と組み合わせて受け取ることができません。

 

②今まで障害厚生年金を受けていた方が、老齢厚生年金(特別支給を含む)を受け取れるようになった場合は、対象者の年齢により受け取り方変わります。

  • ★65歳未満

 どちらか一方の年金を選んで受取ります。

 ・障害厚生年金 OR 老齢厚生年金

  • ★65歳以上

 特例的に支給事由の異なる2つ以上の年金を受けられる場合があります。

 ・障害基礎年金 + 老齢厚生年金

 ※障害厚生年金は老齢基礎年金と組み合わせて受け取ることができません。

 

 2つ以上の年金を受け取ることができる場合は、組み合わせ次第で年金の総額が増える場合があります。逆に総額が増えた場合であっても、その他の理由(老齢年金は税金がかかる等。)によっては、手取り額が減る場合があります。2つ以上の年金を受け取ることができる場合は、単純に総額のみで判断せずに、その他の事情を考慮して選択する必要があります。