お問い合わせ

申請事例

  • HOME >
  • 申請事例 >
  • 一度不支給になったが再申請して受給できた事例!

一度不支給になったが再申請して受給できた事例!

man

【ご自身で申請したが不支給に!】
 40代前半男性。3年前に双極性気分障害によりご自身で障害年金を請求し、不支給決定されました。もう一度申請したいけど、自分ではできないと判断し弊所へ申請代行を依頼いただき、障害年金2級で支給決定になった事案。

 

【障害の状態が障害等級に該当しなかった】
 今回の事案は、双極性気分障害でご本人が支給申請を行いましたが、「障害年金の等級に該当しない」との理由で、一度不支給決定となりました。ご自身で再度申請することは難しいと考え、申請代行のご依頼をいただいたものです。

 

【二回目の支給申請書類の作成】
 弊所にて今回の支給申請書類を作成するにあたり、発病から支給申請時(約20年間分)までの状態を詳細に聴き取り、支給申請書類(特に「病歴・就労状況等申立書」)について詳細に作成しました。
 ご本人から聴き取りした内容(病状だけでなく、日常の様々なこと。)から、ご本人も気づいていない障害によってできないこと等を明確にし、事細かく書類に記載したところ、日本年金機構にて障害状態を確認いただくことができたため、障害基礎年金2級の決定がされました。

 

 今回は、実際の障害状態を支給申請書に詳細に記載することにより、受給につながった事案です。ご自身の病状や日常生活など、ご本人からすると大した問題ではないと判断している事柄がたくさんありますが、第三者の視点で客観的にお聴き取りすることにより、ご本人も気づいていませんが、年金請求に必要なことに私たち社労士が気付くこともたくさんあります。ご自身で障害年金の申請をすることを迷ったり、あきらめたりされている場合は、一度専門家にご相談してみてはいかがでしょうか。