お問い合わせ

申請事例

  • HOME >
  • 申請事例 >
  • 20歳前の障害で障害年金が請求出来た事例!

20歳前の障害で障害年金が請求出来た事例!

woman

【初診日が20歳前にある場合】

30代後半女性。学生時代に気分が落ち込み、ご自身で精神的な病気ではないかと精神科を受診しました。その後は、継続して精神科を受診することに対して家族が快く思っていなかったため、長期間、病院を受診することができませんでした。約20年後に再度病院を受診したら、発達障害もみつかり、あわせて障害年金を請求できた事例。

 

【障害年金の初診日は病気が治っていたかが重要】

 今回の事案は、統合失調気分障害と発達障害を合わせて支給申請をし、障害基礎年金2級を受給することができました。障害年金請求に必要な保険料納付要件を満たしていなかったため、支給申請が不可能と判断していましたが、ご家族による聴き取りで、20歳前に病院を受診していたことが判明!

初診日から支給申請のための病院受診までに20年近く経過していましたが、病院を受診していなかった期間、病気が治っていませんでした。年金請求書類に病気が治っていなかったことを詳細に記入し、その申し立て内容を日本年金機構に認められたため、20歳前障害(保険料納付要件が不要)として支給申請ができました。

また、どのような診断名であったとしても、申請するご本人の症状が悪く、自分で生活ができないような状態であった場合に、障害年金を請求することが可能です。病名で障害年金の支給申請をあきらめたことがある方でも、ご自身の病状が悪いと感じたら、あきらめずに障害年金の申請を考えてみてはいかがでしょうか。