お問い合わせ

申請事例

  • HOME >
  • 申請事例 >
  • 椎小脳変性症から下肢の障害で年金を受給!

椎小脳変性症から下肢の障害で年金を受給!

man

【ヘルニアと思っていたら…】
50代後半男性。腰痛から病院を受診したところヘルニアと診断され、ヘルニアは完治が期待できないことから、痛みがありながらも生活をおくっておられました。初診以降は、多忙で病院を受診していなかったのですが、10年近く経過し、腰痛だけではなく、両足にしびれが出たことから、歩行ができなくなりました。総合病院で精密検査を受け、脊椎小脳変性症と診断、両足にマヒが出たため障害厚生年金を受給できた事例。

 

【初診日の判断】
 初診での病名と実際に障害年金を受給したときの病名が異なることはよくあります。申請時に受診した(診断書を記載した)病院以外であっても、障害のもととなる症状で病院を受診した日が初診日となることがあります。今回の事例は、腰の痛みが脊椎小脳変性症からくるものだったのか?が初診日の判断の分かれ目となりました。ヘルニアと診断された10年前の病院受診は、障害認定された病気と繋がっていると判断され、その日が初診日と認定されました。初診日当時、在職中であったため厚生年金加入中の初診と判断され、障害厚生年金2級が認められました。
※初診日当時国民年金の加入であった場合より、障害年金の受給額が増えることがありますので、初診日当時の加入制度は重要です!